取り扱い品目 1月の果物情報 2月の果物情報 3月の果物情報 4月の果物情報 5月の果物情報 6月の果物情報 7月の果物情報 8月の果物情報 9月の果物情報 10月の果物情報 11月の果物情報 12月の果物情報
 
果物情報一覧へ
 
果物情報 サクランボ

サクランボ

きらきら輝く「初夏のルビー」
※写真は佐藤錦

バラ科サクランボ属

リンゴ
  • 「サクランボ」という呼び名は、「桜桃(おうとう)」の愛称。正式な名称は「西洋実桜(せいようみざくら)」。サクランボという名前の由来は「桜の坊」。つまり "サクラ" 桜の実という意味である。
  • さくらんぼの品種は全世界で1000種を超えるが、下記の3系統に分けられる。 (現在日本で経済栽培されている品種は30種類程)
    • 甘果桜桃(かんかおうとう)または西洋実桜(せいようみざくら)
    • 酸果桜桃(さんかおうとう)または西洋酸実桜(せいようすみのみざくら)
    • 中国桜桃または支那実桜(しなのみざくら)
  • このうち、日本で栽培されているのはほとんどが甘果桜桃酸果桜桃はほとんど加工用になる。
    日本に伝えられたのは明治初期で、北海道に植えられたのが始まりだとされる。その後、各地で改良が重ねられた。

特徴

  • 透きとおるようにきらきら輝くかわいい姿はしばしば宝石に例えられ「赤い宝石」「初夏のルビー」などと呼ばれたりする。
  • 果実は丸みを帯びた赤い実が多く、種類によって葡萄の巨峰のように赤黒い色で紫がかったものもある。

▲indexへ

主な流通品種

 
  • ナポレオン:収穫時期は6月下旬〜7月上旬。佐藤錦の受粉木として一緒に栽培されることが多い。日本には1872年にアメリカから導入された。長めの心臓形の大粒で、果皮は黄色に赤い斑を帯びている。果肉はややかたく淡い黄色、酸味は強いが、完熟したものは甘くて濃厚な味。生食にも加工にも使われる。
  • 品種名は、ナポレオンの没後の1821年にベルギー王がナポレオンにちなんで命名したと伝えられる。
佐藤錦
  • 佐藤錦:収穫時期は6月下旬。国内で最も多く生産されている。ナポレオンと黄玉を交配してできた。名前は交配育成した 山形県東根市の佐藤栄助氏にちなむ。糖分が多く生食に適す。形は短心臓形で大きさは中くらい。
  • 果皮の色は黄色地に鮮やかな紅色で「赤いルビー」と呼ばれる。果肉は乳白色で、果肉、果汁ともに多くて甘みと酸味の調和がすばらしく、品質は国内最高級。
 
  • 高砂:収穫時期は6月中旬。1872年にアメリカから導入された。形は短心臓形、果皮は黄色地に赤みを帯びており、果肉は乳白色。やや酸味が強い。果実がやわらかいので輸送中に傷みやすい。
 
  • 南陽:収穫時期は7月初旬。ナポレオンが自然交雑したものから選抜して育成した新しい品種。果実は短心臓形、大粒、果皮は淡紅色、果肉は 黄白色で肉質はかなり硬い。酸味が少なく、とてもあっさりとした食感。
 
  • 紅秀峰:収穫時期は6月下旬〜7月上旬。果形は扁円形で大玉。果皮は黄色地に鮮紅色。果肉はクリーム色で肉質が硬いので日持ちが良い。酸味は少なく、糖度が高い。
 
  • 月山錦:収穫時期は6月下旬〜7月上旬。大粒で、果形は心臓形、果皮は珍しい黄色、追熟するとべっこう色に。果肉は硬いため日持ちがいい。糖度が高く、酸味が少ない。果皮が薄いので、食感が良い。
  • 栽培が難しく収量も少ないため、貴重な高級品種。
 
  • 大将錦:収穫時期は7月上旬〜中旬頃。ハート形で、大粒。大きいものでは、500円玉ほどの大きさになる。果皮は色鮮やかで黄色地に赤い斑を帯びている。果肉は乳白色で硬めで、日持ちがいいのが特徴。
  • 糖度が高く、酸味少なめ。甘酸っぱく、みずみずしく濃厚な味。パリパリの食感で佐藤錦に匹敵する甘さと言われる。収穫数量は少ない。

▲indexへ

食べ頃

サンつがる
  • 軸が枯れていない。実が紅くツヤがあるものが美味しい。もちろん傷のないものがいい。果皮が黒ずんだり、褐色の斑点があるものは避ける。白っぽいものはまだ熟していないので、色つやが良く、色の濃いものを選ぶ。
  • 保管する場合は、必ず涼しい場所で。長持ちさせる場合は洗わないままビニール袋に入れて冷蔵庫に入れる。
  • 洗うときは、ボウルに水をいれ、ザルに入れてユラユラとザルを揺らして洗う程度で大丈夫。
  • 常温で食べるのが美味しい食べ方だが、荒塩を振りかけるか、少し濃いめの食塩水で洗って食べると、より一層甘みが引き出される。

▲indexへ

主な産地

 
  • 山形県が全国の収穫量の7割を占めている
  • (その中でも 東根市は生産量日本一)
  • 青森県・ 山梨県を合わせた上位3県で全国の9割近くを生産している。

▲indexへ

サクランボの効能

 
  • 1.栄養価は、さほど高くないが、ビタミンA、B1、B2、C、鉄分、カロチン等の栄養素が含まれている。 その中でも鉄分は貧血や冷え性、疲労回復に、カロチンは疲れ目や肌荒れ予防、病気の回復に役立つ。
  • 2.ミネラルやビタミン成分の量は多くないが、バランスよく含んでいるので、疲労回復や食欲増進、血行促進、美肌、疲れ目などに効果がある。
  • 3.果実はカリウムを比較的多く含む。カリウムには体内のナトリウムを対外に排出する働きがあり、高血圧の予防になるほか、利尿作用も期待できる。

↑ページの先頭へ戻る